突き抜けた先の世界

19059662_1868628653451350_6116619045128532628_n
人間も、想いも、すべてエネルギーなんですって。

シャーマン曰く、わたしは、突き抜けた先で、同じような強いエネルギーを放っている、魂の気高い人と出会うらしいです。

本当かなあ・・・・

私を守護してくれている龍が、私から数人を引き離したばかりだっていうのに。

もう彼らは、私には近づいてこれなくなってしまった。


突き抜けた先の世界では、そこまで行ける人が少なく、そこで生きていられる人もさらに少なくなるため、その分だけ孤独です。
 

突き抜けた先の世界では、高いエネルギーを放てば放つほど、


人口が少なく、意識レベルが同じかそれ以上の人が滅多にいなくそうです。


 
低い次元に行けば行くほど、たくさんの人が群がっています。 
 

だから、高い次元で生きている人は、大多数の普通の人たちよりも、思い切り突き出ている分だけ、 
 
高いエネルギーを放つもの同士は、互いにエネルギーなので、

同じ次元で、同種のエネルギー同士、ひきつけ合いやすいし、

 

互いに、互いが見つけやすくなるそうです。

 

そこにいる少数派の人たちは、そこまで行くのに、ずいぶんと悲しい思いをしてきたり、

 
乗り越えるべき課題や、自己変革を超えてきたり、
 

向き合うことや、捨てるものがあったりと、普通の人生を生きてきてはいないから、


普通の人たちとは分かり合えなかったことでも、分かり合えたり、地上あたりにいる方々の理解を超越した世界で、

 
神のご意思を共有できたり、レベルが高い世界で、同じレベルの人しかわからない特殊なことを共有できるそうです。


であれば、お互いに、そこの到達する前のつらさや、孤独、悲しみ、慈しみなどを理解し合えるそう。


本当に愛した人とは結ばれず、一緒に暮らせなかっただけでなく、

ずっと思われてきたのは事実だけれど、そばにいてくれなかったし、
 

あまり会えなかったから、結局、大切にされた実感はなかった。

 
私は、本気で愛した人とは一緒になれないトラウマがある。



それなら、愛されているとは言えないよね。



 
だって、大切にされた実感がない、ということは、

 
愛されてきた実感もないんだもんねえ。


 
接触があまりなかったし、電話などのコミュニケーションも滅多になく、

あまり会えなかったので、本当に「愛された実感」がまったくないんだから。
 
愛された実感がないのに、
 
「わたしは、大切にされた」とは、

女はどうしても思えないんだよね。 
 

女はやはり会えないと、愛は伝わらない。 
 
いくら思っていても、最低限、電話で話さないと、女にはその思いは全然伝わらない。 

 
女は愛されている実感がないと、ダメになるね。
 
 
離れていってしまうか、浮気し始める。
女も放っておけば、ほかに恋人を作ってしまい、浮気しますからね。

 
女だって美人だったり、できる人だったり、とにかくいろいろとモテる女は、ほかの男が放っておかない。
 
 

いくら思ってくれていても、思っているだけでは女にはダメ。言葉で言わないと、女には伝わらない。スキンシップで分からせないと、男の愛は、女には伝わらない。


やはり実際に手で触れて、会えないと、愛されている実感なんて絶対にわかない、というのが女の本音。


愛されている実感がないのだから、当然、大切にされた記憶は残らないんだよね。



まあ、もうどうでもいいけど。

 

実際、私は恋愛などは、もう諦めている。

 

突き抜けた先の世界で、互いに魂の大きな、高い次元のエネルギーを放つ、素晴らしい人に出会えるそうですが・・・

今後こそ、大丈夫なのかなあ・・・・??
 

過去のトラウマがあるので、不安だなあ・・・・



どうせまた大切にしてもらえないんだろうなあ、とふと思ってしまう。



でも、突き抜けた先の世界で、その高い次元にいる、高いエネルギーを放つ人と新たに出会えるなら、


それは、それで嬉しいけど・・・・

どんな人だろうなあ?

その運命の人だという「突き抜けけた先の世界で出会う、同じ高いエネルギーを放つ、素晴らしい人」は。

ま、そんなこと、どうでもいいから、仕事しよ!

コメントする

名前
 
  絵文字