あなたは「家畜収容所・日本」という集団自殺している狂気の群衆の中にいる一人

これは、アリの集団自殺の光景です。死ぬまで回り続けます。3日後から、4日後に、ずっとグルグル回り続けた挙句、アリは一匹残らず、死滅します。

しかし、アリはバカなのでしょうか?


いいえ、違います。


アリは、賢いのです。

アリは一匹単位では賢くなくても、集団では、団結して、賢い行動をとります。

集団では大いなる知性となって、生き延びてきました。


しかし、アリのリーダーたちがいったん間違えて(軍隊アリ)しまうと、一気に愚かな集団となります。

アリは、ほかのアリたちは、横のアリを見て、前のアリについてく修正あがり、

自分一人では行動できないんです。

自分のミッションを明らかにして、集団で行動することで、アリは安心するのです。


アリと日本人は、似ていますね。

日本人も、アリも、横のあり、周りを気にしながら、上の命令や、組織の部品となって、

組織の一員として、組織のために、組織の中で安心感を得て、組織の命令通りに動くという行動パターンを取るので、

一度、組織が狂気と化し、上が間違ったり、リーダーがおかしな行動や命令をしだしたら、

一気に、悲劇が訪れます。

アリの知性は、愚かさに変わってしまい、そこに居たら死ぬと言うのに、それに気が付かず、

たんに、同じ場所を、グルグル回りつづけるという奇怪現象が起きます。

自分の頭で考えられないため、状況分析できず、前のアリや、間違っているリーダーに盲目的についていくからです。



このグルグル同じところを集団で回っているアリの軍団の渦。

まるで、現代の日本社会と、日本人の普通の人の毎日そのものですね。



狂気に気が付かないアリと、または、気が付いても、狂気から抜け出せないで、組織にしがみついているアリと、

今の自分が一番かわいい、勇気がない、組織にしがみついて、人間として正しい選択をしないで、問題を集団で無視している普通の弱い日本人たちと、

いったいどこか違うのでしょうか?


日本病患者と同じ思考パターンと、行動パターンは、狂気から抜け出せないアリの行動パターン、習性をまったく同じですね。


つまり、自分の頭で考えないので、命令に従い、そういうものだからと、組織や集団についていく・・・・



しかし、組織や、集団が間違っていたら、どうするのでしょうか?


アリたちは永遠と回り続けて、疲弊しても、

「あれ?? おかしいぞ! ここにいたら、死んでしまうぞ!」と気が付く知性がない。


しかし、中には、ましなアリがいたとしましょう。

すこし賢いアリは、気が付きます。たとえ群衆の中にあっても、

「これ、おかしいぞ!ここにいたら、殺される!」と気が付くのです。


しかし、たとえ気が付いても、臆病で、小賢しく立ち回ってばかりいるので、一歩を踏み出す勇気がない。

真実を告げる最初の人になることは、避けたいのです。

誰かが言ってくれるのを待ちます。左右を見て、だれか言ってほしいと思います。

しかし、皆、そう思っていると、誰もが、前のありについていくだけで、正しい勇気ある行動をとりません。


そこで、アリは考えます。

自分一人だけ、真実を言っても、誰も信じてくれない。この組織の中で、つまはじきにされてしまう。


であれば、黙々と、間違ったことでも、したがっておこう。

正しいことをして、真実をついて、核心をついたら、群衆から追い出されてしまう。

すると、この組織の中での立場を失えば、僕は、どうしたらいいんだ・・・・


群衆の中にいる間は、たとえ間違った方向であっても、ここにいて、グルグル回っている間は、

自分の身の安全と立場は、職は、保障されるのだから・・・・

 
 

そうです。これは、日本病の人の発想です。


あなたも、こういう考え方をしているんじゃないですか?


あなたがよく合うの友人たちも、そういう人ではないですか?  
 


正しいことを選択し、ほかの全員が反対することでも、自分のを信じて、一歩踏み出すことが大事です。


そのための信念と自信、勇気がないために、


あなたは寄らば大樹の陰で、組織にしがみつき、

群衆の中で守られて、コンフォートゾーンでぬくぬくしていにたい・・・・

入れる間はずっと、これを失いたくない・・・・



アリもそう思うのでしょう。

だから、そういう自己保身や、弱さ、ずるさ、計算高さから、

すでに狂気の集団となって、自殺していくだけのアリの群衆の中から、

賢いアリなのに、最大の愚かな選択をしてしまう。


つまり、アリは、一人で、逃げていく勇気はないために、集団で自殺する道を選ぶのです。


「こんなことをしていたら、ダメだ! 破滅する」

「ここにいたら全員、死んでしまう!」

「リーダーが間違っている。組織が狂気だ。ここについていったら、未来はない!」


アリの中でも、まだ知性が高いアリは、そう気が付いていながら、

勇気と信念がないために、正しい行動がとれずに、集団についていくだけでなにもせず、

疲弊するだけして、最後は、みんなで一緒に奈落の底に落ちてゆく・・・・



本来賢いはずの、このアリたちの集団自殺。


正直に言うと、私も、あなたも、この中の一匹なんですよ。
 

この愚かさ、この狂気。
  

一匹、一匹では、賢い良いアリでも、いったん群衆になったら、愚かさ全開で、恐怖に駆られて、だれも正しいことをしなくなる。

 
今の日本人によく似ていますね。


そして、このアリの群衆、どうなると思います?
 
 
力が尽きるまで、このままグルグル回り続けます。

 
そして、全員、死んでしまうのです。

 
まるで、これからの日本そのものですね。



あなたは、このアリの集団の中のアリです。

同じところをぐるぐる回り続け、愚かにも集団自殺するアリの群衆は、


今の世界、そして、今現在の日本政府そのものです。

あなたは、その中にいて、グルグル一緒に回っている中の一匹のアリです。

 

さあ、あなたはどうしますか?
 
 

この群衆の中にいて、一緒に集団で「ああ、たのしい~♥」と言いながら、自殺しますか?
 

それとも、神の英知に目覚めて、勇気を出して、この狂気の群衆の中から抜け出し、

 
生き残るために、殺されないために、子孫を人間として残すために、

 
国家と集団自殺するのをやめて、自分の人生を、自分の手で切り開いていきますか?


 
選択は、あなたがするのです。
14237475_322494644770930_320922250064581778_n


信念を持ち、自分を信じて、正しい選択をする勇気を出してください。

たとえ損をしても、たとえ理不尽な目にあっても、

どんな時でも、どういう状況でも、

人間として正しいことをするという選択をしましょう。 

 
それができる人間だけが、「国家による狂気の集団自殺」生き残っていけるのです。 

 コメント一覧 (3)

    • 1. 桑原利行
    • 2017年06月15日 19:12
    • 5 むしろ粘菌でしょう、日本人。
    • 2. あき
    • 2018年11月07日 16:29
    • 日本人だけですか?
      私には、宗教団体の集団自殺に思えます。
    • 3. yoda keizo
    • 2018年12月04日 18:04
    • 5 私も61才になり、シニアとして同じ会社に継続勤務していますが、一度会社の不祥事を社長に告げた事から、課長代理以上にはなれなかった。出世意欲も少なかったのは、事実ですが、両親に大学まで卒業させてもらい、申し訳ない気持ちとともに、会社では近寄ってくる者も少ないが、精神的にははればれとして気分で、生活できる金があれば、と思っています。会社の人間は、志が低い。みんな死なないと思っているのでしょうか?坂の上さんの話は、よく理解できます。
      応援しています。
      頑張って下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字