【公式】坂の上零『真実があなたを解放する』ブログ Rei Sakanoue

24年前から現在までの政治経済動向と国際情勢の動向を予言していた、小説「天使になった大統領」(全8巻)、「日本病」などの著者、ANGEL BANKの創業者、坂の上零(Rei Sakanoue)です。 NWO・国際金融マフィアの動向を研究して25年で、インドと日本を基軸としたインド市場での外資企業のビジネス展開のNO.1コンサルビジネス・プロデュースの仕事をしています。

勇気

坂の上零の「君、日本病と家畜になるべからず!」真実があなたを解放する。

坂の上零の「君、日本病と家畜になるべからず!」真実があなたを解放する。

子宮頸がんワクチンを再開する動きがあります。

結論から言うと、大和民族皆殺しのためです。

世界人口の大幅淘汰、ですね。

ワクチンの本質は、

日本民族よ、地球から消滅せよ!ということなんですね、

判りますか?


お母さんたちに一人でも多く見てもらえるように、拡散ください。


お母さんたちが、これ以上、厚生省を信じて、子供をメチャクチャにされて、騙されないように、赤ちゃん、子供への予防接種について、


特に子宮頸がんワクチンの薬害について、かなり手厳しくいっています。



厚生省の殺人行為から、子供を守れるのは、お母さん、お父さんだけです。 
 

 

Truth sets you FREE !


真実があなたを解放する。
 



そんな、坂の上さん、怖いです・・・・ 

よく言われます。
 



怖い・・・じゃありません。

真実をしらないほうが、もっと怖い。
 
 

真実を知っていても、ニコニコしながら、黙っている人のほうがもっと怖い!

 

・・・というか、自分がかわいいだけの、信念のない、卑怯者ですね。
 

そういう人から日本病になります。 

 

私は、優しいから、真実を告げています。

私は、神とともに生きており、正義感が強く、国家による自国民殺人行為を黙ってみていられない。
 
わたしは、国家や民族の伝統をなくさないで、ちゃんとアイデンティティーを保つことが世界平和を実現すると思っていますので、(国家をなくすことが、世界平和につながるのではないんですね)


真の世界平和を願い、人類愛、博愛精神があるので、かわいい子どもたちが、母親が無知であることをいいことに、国家により、その人生を台無しにされていく現状から、



なんとか、子供たちを救いたいと願っています。 


私も人の母なので、かわいい子供を愛しています。
 


何の罪もない子供たちが、ワクチンにより弱体され、脳を低下させられ、じわじわ殺されて行ってよいでしょうか? 
 
  

日本の女子たちが、国家により避妊させられ、
 
 
国家が少子化を進めており、
 
その人口を移民で穴埋めして、日本を移民に乗っ取らせるような国家破滅政策を推進している、その現在進行形の恐ろしい行為から、
 
最低限、日本の未来の子供を産む、大和民族の女性の人権と、子供を産む権利を守らなくてよいでしょうか?  

 

わたしは、ワクチンなどによる人口淘汰から皆さんを救いたいし、



厚生省の人にもこれ以上の罪を犯してもらいたくない。 

 


こんな恐ろしい犯罪をするために、国家公務員になったのでしょうか?
 

おそらく違います。そんな人はいないはす。

 

もっと崇高な理念で、国家公務員になったはずです。 




最初はね。 




でも、いつから、その理念を失ったのでしょうか?
  



愛国心を捨てさせられ、天下国家のためにご奉公したいと言う理念を、高い理念を、本来の職務を遂行する生き方を捻じ曲げないと、


厚生省内では、生き残ってはいけない仕組みになっているんでしょうか?


 

14063808_1653367581644126_1576565062988432895_n


誰でもそうですが、厚生省の役人も、一人一人は善良で、いい人です。


  
殺人者も、みんな、いい人です。善良です。みんな、いい人ですね。




しかし、それだけです。


善良な良い人が、省内で、巨悪の殺人行為をだれも止めない。 
 

 

なぜでしょうか?
 

 
自分の保身、職を失いたくないから、臆病だから、偽善者だから・・・・・


怖いから・・・・・・


真実を言うと、居場所がなくなるから・・・・・


 
つまり、日本病だから、です。 
 

だから、見て見ぬふりをする。



いじめられっ子がいても、普通の子が、自分もいじめられたくないばかりに、


いじめっ子を見殺しにしている状況と同じですね。
 

毎日、本質を見ようとせず、大切な何かから必死で逃げながら生きているのです。
 

 
それが大多数の人の、今日を生きる姿ではないでしょうか? 

 

だから、たんに善良な、良い人では、人間、ダメなんです。


いじめっ子と同じく、犯罪の共犯者になってしまうから。
    
 
 

正義と大義、勇気、信念を失えば、ただの良い人なだけでは、人間失格なんです。 
 
 
 

私は、人間です。家畜ではない。そして、未来が見通せています。

 
また、私は本当の意味で優しいので、神の視野に立ち、真実を告げております。

 

まあ、正直ですし、私は偽善者ではありません。

  

これができる勇気のある人が、ホンモノです。バカとも言います。
 
 

組織的犯罪が行われている最中、「わたし、怖い事は嫌なの~。楽しいことだけしていたいの~」と、真の問題を無視して、 

アホみたいに、いつまでもふわふわしていては、真の成長と自己防衛はできません。
 
 

本当の問題を語らずに、上辺だけのテーマで終始している講師や言論人は、

 

小粒の臆病者か、ニセモノかのどちらかです。
 

 
 

まあ、どちらも当てはまりますね。 

 
小粒だから、真の戦いを避けて、上辺だけで議論ごっこして、
 
アホみたいに、ふわふわしていますし、

 
臆病の小粒だから、ニセモノになるわけですね。

 
 

そして、そういうニセモノが世の中の大半。
 

 

ホンモノを見極める目を持つことが、思考力向上、知性の現れです。

 
 
楽しいことはみんな好き。私だって好きです。

 
 
しかし、真実を伝えることもまた重要。 

 

私は作家であり、ジャーナリストですから、当然真実を書いて、国民に知らせることが職務です。 

 
楽しいね~、だけでは、人間は成長しませんし、思考していません。 

 
思考して下さい。人間でしょ? 脳があるんですよ。
 

 
ふわふわハッピーも結構ですが、  

人間ならば、

 

高い知性、思考力、識別力、勇気、気高い精神を持ちましょう。

 
 
それがあったうえで、さらに、芸術を理解できる高い感性があると、なおよいですね。
 
 
それがなくして、  

真実も知らずに、または、知っていても対峙しようともせず、
 
 
タブーだからと、そこから目をそらして、逃げて、

 
仲良しごっこの仲間を、集団でいじめられっ子を無視して、

上辺の綺麗ごとのテーマで終始して、集団で、最も重要な問題を無視する。 


 


完全に、日本病ですね。 


 
 
そして、そういう人たちが言うんです。 


「わたし、仲間と一緒で、楽しい~♥ 怖いことを避けて、真の問題を無視して、ハッピーでいましょう! プラス思考で、わたしハッピー 引き寄せの法則で、わたし、ふわふわハッピー。ああ、幸せ~
 

そういう人たちは、上辺のハッピーを異常に演出したがつ特徴がありますが、

そこには真の成長はあるのでしょうか?



正直言って、アホにしか見えない。
 

ハッピーの演出も、一種のビジネス、集客、マーケティングですしね。 
  

本当に幸せかどうかは、判りません。


ま、その時点では、楽しかった! その程度のことです。 
  

そういう「仲良しごっこ集会」には、真の友情もないように見えます。


 

そういうのが日本病であり、

 
 

こういうふわふわゾンビのような人を、海外では、英語で、AIR HEAD(頭空っぽのアホ)と言います。
 
  

悲しいかな、今では、普通の日本人レベルが、この①弱虫、②偽善者、③AIR HEADSですから、

  

死に至る病、日本病が蔓延しています。

  

三点セットそろっていますね。 


あなたの周りも、ふわふわゾンビ、AIR HEADSの日本病の人が多いでしょ?
 

もちろん、善良でよい人なんですよ。
 

でも、それだけじゃ、人間、ダメなんです。
 


末期の世では、そういう人が国家をつぶすんですね。

 

そういう人から距離を置き、そろそろ、精神の自立をしてください。

 


そういう人といくらお付き合いしても、上辺の薄っぺらい楽しさだけはありましょうが、

「仲良しごっこ」の仲間は、あなたを成長させてはくれません。  

 
ましてや、人生の飛躍など、絶対にありません。 



配偶者、友人が、ふわふわゾンビ、AIR HEADSなら、考え直したほうがいい。 
 



友人、配偶者は選んでください。


感化されて、そういうレベルの人に落とされますからね。


本来はもっと飛躍できたはずの、良い男がパッとせず、自身も持てず、人生で飛躍できず、
 

小さなレベルで終始し、ダメにされるケースの大半が、妻を選び間違えたから。


その反対もまたしかりですが。

 


いい大学出ても、AIR HEADS。善良で、ハッピーな家畜たち。

 

これだから、世界一の技術があっても、日本は衰退していっているんですね。  

気概、思考力と、勇気と精神の気高さを失ったから。

 

 
人間を人間たらしめるものは、「幸せ~」だけではないんです。

  

家畜としてでなく、
 
誇りある人間として、何のために生きるか。

 
そして、どういう価値ある戦いができるか、です。
 
 

そこから、逃げている人に、真のハッピーなどありません。
 
  
そういう善良なだけの、ハッピーな家畜が引き寄せる現実もまた、それほど大したものではありません。
 

 
人は、自分の中身、器の大きさに比例してしか、良いものを得られません。
 
 
その原理を悟らず、中身が薄っぺらいのに、日本病に感染していながら、


上辺だけの「ハッピー」をいくら唱えていても、マーケティング上は良いでしょうが、  

しかし、言っているご本人の深層では、


本当のハッピーには飢えているのではないでしょうか?

 
多くの人や、仲良しごっこの仲間と「ハッピー♥」を演出する人の多くは、 

実は、その時楽しかった、という程度で、そんなにハッピーではなく、


むしろ「ハッピーになろうと必死で努力している」という表現がより正確であることが多いように見えます。


昔、インドで、あるクラブに友人と行きました。


その時、遠くでキャーキャー騒いで踊っている楽しそうな集団がいて、


私はぽつりをこういいました。うらやましく見えたのです。


「いいわね、彼らは・・・。なんか人生、幸せそうね」 

 
そしたら、そのインド人の友人はこう答えました。


「彼らが幸せ? いいえ、幸せなんかじゃない。幸せを感じられていないから、幸せになろうとして、ああいう風にしているのよ」と・・・・・。


図星でした。


本当に幸せな人は、過剰にハッピーを演出する必要はないのです。 

演出しているのは、ハッピーになりたい人たちを誘うために
 
「私たちこんなにハッピーなのよ。このグループに入れば、ハッピーになれますよ! さあ、私たちの仲間になりませんか?」


そんな感じの、大学の部活の部員募集みたいなもので、
 

マーケティングや、集客の一つの方法の場合もありますね・・・・ 



今の日本の多くの人たちのお付き合いの仕方、ハッピーの演出を見ていると、

インドのクラブで昔見た、あの時の光景と、

「彼らは、ハッピーなのではなく、ハッピーじゃないから、幸せになろうといているのよ」と言った、彼女の言葉が思い出されます。 

坂の上零の「素直な心の定義、松下幸之助編」

坂の上零の「素直な心の定義、松下幸之助編」

13394208_1619489795031905_1253864446476130276_n

なるほど・・・・
素直の定義がこれならば、
素直であることには、

本物を見極める目、識別力が必要だということになりますね。

松下幸之助氏がおっしゃるこの定義によると、

従順さが素直であることを意味しないならば、

卑屈で、長いものに巻かれて、

小心であれば、従順ではあることはできるが、

しかし、素直であることはできないことになります。

従順さは、素直さとは関係がないことになります。 

素直であるには、義を重んじ、それに従う勇気がないといけないことになりますからね。

どんな時でも、損得勘定ぬきにして、正しいことをし続けること。

特に周囲がみんな萎縮して、恐怖で立ちすくみ、正しい行動ができないでいるときや、

特に現在のように、世界の先進国や、日本政府がくるっているとき、
 
社会全体や政治、経営自体が間違っているときには、


そこに従わないで、「人間として正しいことをする」ことを選べる強さと、
 
真の勇気があるか否かを、

松下幸之助氏は、わたしたち一人一人に問うている
わけですね。
  


それを損得や打算、損得勘定ではなく、 

「正しいことだから」と素直に選べる人が、 

本当の意味で「素直な人」だ
ということになりますね。

14900367_1076932732427405_5670189649865728104_n

すると、戦前までの日本には、庶民にまで広く高潔な武士道精神があったので、

素直な人が多かった。

 
しかし、今の日本人の大半が日本病ですから、
 
確かに空気を読み、上には「従順な人」ではあるが、 
 
「素直な人」ではない
ということになりますね。  
 
つまり、本当に素直な心で生きるには、真の勇気がいると言うことです。

松下幸之助氏は、それを教えたかったのでしょうね。 

さあ、どうせ生きるなら、勇気を出して、
 
識別力ある、本物の素直な人になりましょう!

安心・安全野菜
ギャラリー
  • 坂の上零のSONG FOR MOTHER TERESA
  • 坂の上零のSONG FOR MOTHER TERESA
  • 坂の上零のSONG FOR MOTHER TERESA
  • 坂の上零の「日本の未来予想図 移民に支配される、ゾンビ国家JAPAN」
  • 坂の上零の「日本の未来予想図 移民に支配される、ゾンビ国家JAPAN」
  • 坂の上零の「結婚おめでとう」とは限らない。結婚と愛が一致しているのは、精神と経済が自立した個人だけ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ